【速報】岩国市議会「ウイグル意見書」全会一致可決の見通し!中国の人権侵害調査求める

 ウイグルへの人権侵害などを念頭に、中国共産党による人権侵害について調査と抗議を求める意見書が山口県の岩国市議会(藤本泰也議長)において全会一致で採択される見通しであることが、本紙編集部の取材を通じて明らかとなった。

 意見書は、わが党の石本崇岩国市議会議員らが中心となって呼びかけ、九月定例議会での採択に向けて、調整していた。

 24日、同市議会定例議会最終日に採択される見込み。

 意見書の代表提案を行う石本市議(会派「市政改革クラブ」)は、「採択の日にはウイグル人の方にも議会を見届けてもらいたい。岩国市を一つの突破口にしていただいて、県内や全国的な動きにしてほしい」と述べた。

 

しんぶん国民(年間購読料5000円)

https://www.kokuminto.jp/organ/subscribe

しんぶん国民STORES 

https://kokuminto.stores.jp/items/5f4674c6afaa9d6a119f922b