しんぶん国民編集部記者 九十九晃

九十九晃

 私は平成10年に兵庫県の宝塚市で生まれました。

 中学生の時、歴史教科書を見ていると「日本がアジアを侵略した」といったことが書かれていて、「なにかおかしいな」と、疑問を持ったのを覚えています。

 島根県の高校に進学して、現地で竹島問題に触れた時、ネットで発信しているだけではダメだと思い、地元で「竹島の日」の運動に参加しました。それをきっかけに、様々な街頭での運動に参加するようになりました。

 しかし、運動をすすめるうちに立ちはだかる壁を感じました。そして、その壁を乗り越えるためには、愛国者の政党と議員が必要だと強く思うようになりました。

 そんな中、愛国者の政治勢力と議員を作り出そうとしている鈴木信行代表と出会い、その気さくな人柄に惹かれて、お手伝いすることを決めました。

 党に入ってみると、十年、二十年と長年にわたって運動を経験してきた人が多く、「言行一致」で何事にも行動がありました。そして何よりも議席獲得にかける真摯な思いがあり、頼もしく思いました。

 平成29年に鈴木代表の葛飾区議会議員選挙があり、19歳になったばかりの私は頑張ってお手伝いをしました。大変なこと、苦しいこともありましたが、その分、勝利した時の感動はひとしおで、私にとってかけがえのない経験になりました。

 当選した鈴木代表が、議会で朝鮮学校への補助金問題や、外国人生活保護問題について質問しているのを見て、運動の前進を実感しました。

 日本国民党には国民、有権者から「頑張って」「期待している」とお声がけいただくことも多く、その期待を受けて小さなことでも成果がでると、とてもうれしいです。

鈴木信行代表と九十九晃